Recruit

採用情報

監督とは現場の社長であるという事実

一つの現場の設計から準備・施工・完成までをトータルに管理する監督という仕事。
要するに最高責任者。つまり”社長”です。”社長”だから工事に関して上司や会社がアレコレ口を出すことはありません。 安全、丁寧また迅速にお施主様の満足のいくよう完成させ、粗利を確保すればいい。自分のペースで、自分の方法で仕事ができます。

全員が技術者でありたい。少数精鋭で大きなことを。

女性を含む多くが技術者であり有資格者です。資格は土木施工管理士だったり建築施工管理技士だったりしますが、そうした国家資格を持つことが社員としての必要条件です。 なぜか。技術者集団でありたいから。たとえ少人数でも、資格を持った技術者集団であれば大きな仕事を手掛けることができるからです。